アネ恋♀宣言 Vol.68

アネ恋♀宣言 Vol.68
ゆうべ、またあの男の夢を視た。

あの男…うちの代々の庭師の一族…森也。

あいつが昨日も温室の所で私をいやらしい眼で見つめていたからだ。

「森也は凄くアレがうまくて。

夜になるとあの温室で腰が抜ける程してくれるわよ」「まあ、あの蘭の温室で?大胆ねえ…」立ち聞きした使用人達の話の淫らさに私は頭がカッとなり、その夜温室を覗いて――【令嬢、絶倫庭師に調教されて】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

関連漫画

絶倫SEX

絶倫SEX

女性に極上の快楽をプレゼントするためには普段から体を鍛えるのも重要なコト。鉄人の日課はお家の近所の海岸の早朝ジョギングから始まる。毎日10キロ走ってダンベルもやる。フニャフニャの体ではフニャチンになってしまうから。そんなある日海の入っていく女性を発見。よろめく所を助ける。「死にたい」という彼女。訳を聞くと、婚約者とのSEXがとてもひどくて醜い行為だったから、と言うのだ。彼は下着を取り足を広げ毛むくじゃらのモノを押し付けて、しばらくして抜き取った。それはひどく痛くて醜い行為で。あれがSEXなら死んだほうがまし。入れられたときの格好もつぶれたカエルみたいで恥ずかしくて…。

アネ恋♀宣言 Vol.67

アネ恋♀宣言 Vol.67

幼なじみの櫂と再会し喜んでいた私は、マダムと櫂の罠にはまってしまった。薬を飲まされ目を覚ました時には全裸でM字開脚に縛られていた!? 幾度も幾度も冷酷に櫂はソレを私に抜き差しする。私の中を掻き回す残酷な櫂のソレ。だけど、乳首を弄られアソコを弄られている内に…!?【処女喪失!! 幼なじみに縛られ、入れられて】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 vol.66

アネ恋♀宣言 vol.66

「あの女マジよ。大学の先輩だったの。有名なレズ!いっつも可愛い女の子と歩いてて、誰とキスしてたとか半裸で抱き合ってたとか噂が流れて。あんた狙われたのよ!」レズ…友人のその話は、なぜか私をひどくドキドキさせた。私は結婚4年目の主婦。ごく平凡な家庭。普通の夫。不満も無いが幸福も生まない。何ヶ月かに1度のSEXはムードも無く快楽すら乏しい。私は体を持て余していた。相手が遊びなれたレズなら!? 【有閑人妻、ランジェリーショップでレズプレイ】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

絶倫叔父様、姪をM調教 もっといじめて

絶倫叔父様、姪をM調教 もっといじめて

「いけない娘だ。あの男を見て色気づいたね、萩乃」「叔父様…イヤ…」足をM字に括られ、羽箒で片方の乳首を擦られ、もう片方の乳首を摘まれる。大きく開かれたアソコも羽箒で擦られ「こんなモノでくすぐられて淫ら汁出して悪い娘だ」「ひゃああん、ああん」「うんとお仕置きだね」叔父様が洗濯バサミを取り出す。「イヤ、それはイヤ。勘弁して。痛いから許して叔父様」萩乃の懇願にも関わらず、両方の乳首が洗濯バサミで挟まれる。「ああッ痛いのォッ、いやァアア」「いやじゃないだろう、ヌレヌレだぞ」そう言いながら叔父様がバ○ブで私のアソコを擦る。「あふンッ」「欲しいか、これが」ヌブッと入れられ思わず声が!?

快感家政婦 三角木馬強制絶頂

快感家政婦 三角木馬強制絶頂

愛はあるけど、どっちかっていうとビンボーな私達。夫の夢のために家政婦をすることに。初仕事はご夫婦でお医者の三条家。すっごい素敵でゴージャスな家! ご夫妻が揃って美形でカッコいい。なぜか地下室だけはくれぐれも入らないようにと言われた。早速掃除を始めたら、ソファのしたに三条夫妻のベッドシーンを写した写真が!? それが凄いHで、奥さまは縛られてアソコが丸見え。見ないフリして寝室へ行ったら、枕の下にバ○ブとビデオが。ビデオには両手を縛られてバ○ブで苛められる奥さまが。それを見てるうちに私、我慢できなきくなってバ○ブをアソコに当てて、あっという間にイッちゃった。そのビデオに写ってた部屋は? そして地下室へ入ってしまい!?

アネ恋♀宣言 vol.65

アネ恋♀宣言 vol.65

美大に新任講師としてやって来た日本画家。その少し酷薄な笑顔は一瞬で私の心臓を鷲掴みにした。私は巽先生が忘れていった本を持ち帰ってしまった。それは括られた女の絵だった。乱れた和服姿や裸体や下着。様々な女が括られている絵。後ろ手に縛られたもの。乳房をキリキリと縛り上げられたもの。竹で括られ大きく足を広げられたもの。この女達はなんだか喜んでいるような…。【夢の万華鏡 括られた女司書 恥辱の調教】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 vol.64

アネ恋♀宣言 vol.64

私は不幸な女です。不幸が私を呼ぶのか。私が不幸を呼びよせるのか…。その不幸ゆえ私は逃げても逃げてもSM地獄へと堕ちてゆくの…。姉は悪魔の化身です。父を亡くし財産の全てを失った後、その悪徳を駆使して姉は風俗業界で成功を収め、後ろ盾となる男を何人か持ち、今ではSMクラブを経営しています。そして私は――【聖女調教、木馬に跨がらされて】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 vol.63

アネ恋♀宣言 vol.63

夫を愛していない私がレニーに身体を開くのは簡単だった。レニーの愛撫はとても丁寧だった、私のアソコを舌でなぞり、敏感な突起を舐め、同時に指を抜き差しする。「あふ…あ…そ…う、そうよ」まるで私の感じる所を良く知っているみたいに。「ああっあ…ん、はぁ…あ」後ろから乳房を掴まれ、アソコを指で愛撫されるとたまらず声が出る――【不倫妻、外国人にネトラレて】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

夢の万華鏡 括られた女司書 恥辱の調教

夢の万華鏡 括られた女司書 恥辱の調教

彼と出逢うまでの私は、ごくありきたりの女だった…。闇色の眼をした彼と出逢い、闇色の官能をこの体に刻み込まれるまでは…。その頃私は都心の美大の図書館で司書をしていた。「ふーん、綺麗な髪だね。君、僕の絵のモデルにならない?」突然声をかけてきた巽郁也。この美大に新任講師としてやって来た日本画家。その少し酷薄な笑顔は一瞬で私の心臓を鷲掴みにした。私は巽先生が忘れていった本を持ち帰ってしまった。それは括られた女の絵だった。乱れた和服姿や裸体や下着。様々な女が括られている絵。後ろ手に縛られたもの。乳房をキリキリと縛り上げられたもの。竹で括られ大きく足を広げられたもの。この女達はなんだか喜んでいるような…。

アネ恋♀宣言 vol.62

アネ恋♀宣言 vol.62

「あ…あ」女のツボを心得た愛撫に思わず声が出る。確かにこれは罰かも知れない。不倫の肉欲に溺れた私への…。肉欲の海に溺れた私への…。2年前、私は木村と恋に落ちた。それは深い快楽を伴う恋で、ひたすらただれた肉欲に酔った。ホテルで会社で野外で。私達は獣の様にお互いを貪った!【不倫新妻 絶倫男に玄関でイカされて】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

処女喪失!! 幼なじみに縛られ、入れられて

処女喪失!! 幼なじみに縛られ、入れられて

幼なじみの櫂と再会し喜んでいた私は、マダムと櫂の罠にはまってしまった。薬を飲まされ目を覚ました時には全裸でM字開脚に縛られていた!?「僕とマダムはギブアンドテイク。マダムは女で儲け、僕は調教される時の女の甘美な姿を描いて儲ける。君はマダムのお気に入りでね」「あなたのような肌の女は官能が深いの。始めてちょうだい、櫂」「まずは処女を破らなければね」それはいきなりの引き裂かれるような激痛。生まれて初めての男性のソレが私の体を酷く貫く。いくら泣いても叫んでも櫂はそれをやめてくれなかった。幾度も幾度も冷酷に櫂はソレを私に抜き差しする。私の中を掻き回す残酷な櫂のソレ。だけど、乳首を弄られアソコを弄られている内に…!?

アネ恋♀宣言 vol.61

アネ恋♀宣言 vol.61

大きな外人が現われ、私の顔を舐め回すと腕を胸元から差し込み、乳房を揉んだ。こんな状況でも、ただの肉体の反応として私の乳首は固く勃ち上がってしまう。男は単なる肉体の反応を快楽と勘違いし両の乳房を揉み始めた。私は冷ややかに見ていたが――【強制M調教、敏感な突起にピアス】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 vol.60

アネ恋♀宣言 vol.60

どんな男に抱かれても身体は何も感じない。少女の頃、刀剣商だった父のコレクションの刀を見た時の、あのゾクリとした感覚の方がずっと官能的だった。そう思っていた。その日、古刀の復元のため大学に現れた日本刀研磨師、柴田緑水。傲岸そうなその男と出会うまで!?【絶倫刀工、黒光りする名刀に抜き差しされ!!】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 vol.59

アネ恋♀宣言 vol.59

「マ○○ヌレヌレだ。されたいか、兄ちゃんに。オッパイの刺青がくねって淫らだよ」私と兄ちゃんは親を亡くしてから、ずっと2人きり寄り添い合って生きてきた。兄ちゃんはチンピラヤクザで刺青にとりつかれてる。初めて兄ちゃんの刺青を見た時、怖いけど妖しくて綺麗でドキドキした。それがこんな…!【刺青愛奴、兄に突き上げられて】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

三角木馬 花嫁いじめ花弁なぶり (改訂版)

三角木馬 花嫁いじめ花弁なぶり (改訂版)

「ひいっ」「そら…絵梨。今何を入れたか分かるかい」「いやあああ、冷た…」ベッドの上、全裸で目隠しされ、M字開脚したアソコに氷を入れられる新妻。「そう氷だよ。イヤらしい口だ。こんな大きなの全部飲み込んで。見えないと余計アソコが敏感になるだろう」「あんッ」夫がアソコを指で広げてペロペロ舐める。「ククク、氷がもう溶けてる。お前のココ、よほど熱いんだね」「くふゥ」ヂュルヂュルと音を立て溶けた氷と愛液を夫が啜る。「も…う許して…」「この汁ネバついてるよ。溶けた氷だけじゃないね。アソコもヒクヒクして。嬉しいよ。お前はどんどん感じ易いM女になっていく」そう…私は毎日夫からこうして調教されている。身寄りのない私を救ってくれた夫は変態性欲者!

アネ恋♀宣言 vol.58

アネ恋♀宣言 vol.58

傲慢そうな口元、そして破滅的な匂いがするほど美しく蒼い蒼い瞳。それが二十才のきみだった。一番くやしいのは、あの男にふれられたとき、身体が淫らに熱くなったことだ。このイヤらしい穴の中が…ヌルヌルぬめってくる。男も知らないのに、あの指でアソコをこすられたくて、イイエそれよりもっと太い……淫らなアレで――【ロダンの愛した女彫刻家、カミーユ・クローデルの性と死】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

恋人の父親に買われて、突かれて揺らされて

恋人の父親に買われて、突かれて揺らされて

初めてあなたとキスした日のこと、よく覚えている。抱きしめられて野原一面のススキが風にザワワと鳴って、その音が不思議に切なくて…。今この時が永遠に続けばいいと思った、あの日…。私達はずっと一緒で何より愛し合っていた。「好きだよ、芙由。春になって卒業したら結婚しよう」「省吾…」そう私達は愛し合い、そして幸せだった。卒業したら春になったら私達は結婚し、もっともっと幸せになる。けれど不幸は思いもよらぬ形でやって来た。父が保証人となっていた友人が事業に失敗し、その借金をうちが被ることになったのだ。借金を肩代わりする代わりに省吾の父親の後添いになることになった。そして省吾の目の前で初めてを奪われて!?

アネ恋♀宣言 Vol.57

アネ恋♀宣言 Vol.57

彼とキスをした。知らなかった。キスだけでこんなふうにアソコまで熱くなることがあるなんて。「可愛いよ、アガサ。君が欲しい」ドレスを脱がされる。「ア…ア」彼が乳首を吸う。「ひ…」「君も僕が欲しいの?弄っただけでコリコリだよ」変なの…乳首の先から甘く熱い疼きが走る…アソコに。とても恥ずかしい、あの淫らな秘密の場所に。――【目隠し拘束愛撫で蜜が溢れる!!】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

絶倫刀工、黒光りする名刀に抜き差しされ!!

絶倫刀工、黒光りする名刀に抜き差しされ!!

私はSEXで感じた事が無い。「アン、教授。いいッ」真昼の教授室。デスクの上で下半身を剥き出しにして、教授のモノを抜き差しされる私。「いいか。ここか、え?」「ひい、いくぅ」これは目的のための演技なのだ。「可愛いよ、青子。講師のポストをきっと君に回してやるよ」「ア…アン」そう…私、研究助手をしてるこの美大でもっと出世したい。自立した女になりたい。男など利用する以外いらない。どんな男に抱かれても身体は何も感じない。少女の頃、刀剣商だった父のコレクションの刀を見た時の、あのゾクリとした感覚の方がずっと官能的だった。そう思っていた。その日、古刀の復元のため大学に現れた日本刀研磨師、柴田緑水。傲岸そうなその男と出会うまで!?

アネ恋♀宣言 Vol.56

アネ恋♀宣言 Vol.56

年下の若くてステキなボーフレンドがいるのに、私は彼の前でイクことが出来ない――。私は、ある建設会社社長の愛人になった。あまりエレクトしないスケベな中年のパトロン。私をM字開脚に縛り、バ○ブを挿入し、ソレを見ている。「玲子ちゃん、どのバ○ブが一番気持ちがいいのか聞かせてくれないか」「ア…ウウウ…こ…これ、三つ股の…ア…ア○ルが…」――【イケない女 縛られ、三つ股の道具を入れられて】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 Vol.55

アネ恋♀宣言 Vol.55

「なんて格好だ。バ○ブでマ○コ、ヒクヒクだぜ」「ひいい。いやああ」「辛いか?だがアンタはもう俺から逃げられんさ。たっぷり可愛がってやるよ。俺好みのマゾメスに仕込んでやる」「や…あううっ」どうしてこんなことになってしまったのだろう。一番人気の陶芸家、坂井火翠の単独取材を担当することになった私は、取材許可の代わりに編集長に火翠に売られたのだった。「マタおっぴろげろよ。俺を取材したいんだろ」――【変態ろくろ蜜壷なぶり!!】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 Vol.54

アネ恋♀宣言 Vol.54

足を大きく開かれた処女のアソコに、容赦なく出し入れされる太いモノ!!「痛…い。痛いのォオッ。いやアアアァ」義父は娘の体をひっくり返し、容赦なく挿入を繰り返す。「ひ…っ、あ…あ」鮮血と蜜が溢れるアソコを義父が弄る。「辛かったか?だが痛むのは初めだけだ。すぐ良くなる」「お義父様、まさか初めからこうするつもりで?」そして義父の淫らな調教が始まる!?【義父の調教!?処女悶絶!!】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

淫らな海水浴、水着をずらして指を挿れて

淫らな海水浴、水着をずらして指を挿れて

天才画家が見初めたのは、28歳も年下の田舎から出てきたばかりのマリィ!!アトリエで、海で、2人の愛欲の調教の日々が今、始まる!!

刺青愛奴、兄に突き上げられて

刺青愛奴、兄に突き上げられて

「妹のマ○○にバ○ブ突っ込め。もっとだよ、育也」「だめぇぇッ兄ちゃんッ。あっあうんンッ」「絵梨、絵梨…」兄は妹の名を呼びながら、大きく広げられた妹のアソコにバ○ブを出し入れする。妹のアソコからは、妹の声とは逆に大量の蜜が溢れる。「マ○○ヌレヌレだ。されたいか、兄ちゃんに。オッパイの刺青がくねって淫らだよ」彫竜に後ろから乳首を弄られ、絵梨は思わず声を上げてしまう。「あん…あふぅ」いや、どうして?どうしてこんなひどいことに。私と兄ちゃんは親を亡くしてから、ずっと2人きり寄り添い合って生きてきた。兄ちゃんはチンピラヤクザで刺青にとりつかれてる。初めて兄ちゃんの刺青を見た時、怖いけど妖しくて綺麗でドキドキした。それがこんな…!

アネ恋♀宣言 Vol.53

アネ恋♀宣言 Vol.53

「しゃぶれ、絵理」「あ…む」怒張したものが喉の奥まで突き込まれる。私はM字開脚に体を縛られ、椅子の上でアソコを丸出しにしていました。「もっとだよ。裏側も舐めろ」「う…う」「マ○コにはこいつを入れてやろう」蜜を垂れ流す私のアソコに、極太バ○ブがねじ込まれます。じゅぷっと音を立てて飛沫が飛びます。私は今、穴という穴をご主人さまに調教され、犯される毎日です。【お義父さんやめて!!真性M女の出来るまで】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 Vol.52

アネ恋♀宣言 Vol.52

「あ、いや……ッいや……!!」「そっかー、あんたバージンなんだ。いっつも頭ん中で犯られるだけでびびってたからな」男は春蘭の下半身を剥き出しにすると、両手の指でアソコを開く。「へええ……バケモンでも、ここはフツーの女と同じなんだ」「あ……あっ」男の指がくにゅくにゅとアソコを弄ると春蘭の口から声が。指を差し込まれ敏感な突起を摘まれると「あ……んっ、はあ……っ」嬌声が!【美人尼僧、僧衣をめくられ根元まで!!】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 Vol.51

アネ恋♀宣言 Vol.51

4人の男に穴という穴を埋められ、凌辱される、それが私の仕事。私の永久就職。私は3カ月前にOLを辞めてハウスキーパーの派遣の仕事をしている。フリーな仕事に憧れたのだが、なかなか仕事が回ってこないのが実情だ。こんな私の今の楽しみは、ある店の常連の男性を見ること。秘かに憧れてるの。ところがその日は、彼が声をかけてくれ、一緒に飲むことになった。話が弾み、ホテルへ――【ハウスキーパー、3つの穴を同時にシェア】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 Vol.50

アネ恋♀宣言 Vol.50

酔っぱらって歩いてたら、変わった名前のバーがあった。「宿命の女」。中にはハンサムな宿命の男なんかがいたりして、と思ったら、ホントにいたわ。ハンサム男。ママさんが言うには「気をつけなよォ。彼AVの監督でね。女を酔わせてスタジオに連れ込んでHして撮るのが手口なのよォ。本番専門よォ。趣味で男優もやるしさ。彼にされると処女もアヘアヘ言っちゃうから、ついたアダ名が処女殺しよォ」「処女殺してくださいっ」私は思わず叫んでた――【エロ師・慶次郎!!絶頂処女!?】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 Vol.49

アネ恋♀宣言 Vol.49

いじめてください。もっといじめていたぶって。あなたにめちゃくちゃにされたいの。この課に俺が配属されてから彼女ばかり怒っている。今日もミスをして残業だ。それなのにまたミスをしている。「じゃあ君がこの仕事に向いているかテストしてやろう」俺はネクタイで彼女の手を後ろ手に縛ると、スカートをたくし上げ、胸をはだけた。「ほう以外と巨乳だねえ」乳房を握りしめると乳首を口に含む――【絶倫課長の恥辱お仕置き】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

団痴妻

団痴妻

それは、ほんの出来心だったの。まさかこんな性奴地獄に堕とされるなんて!?家計のやりくりでストレスがたまりまくっていた私は、思わずスーパーで万引きしちゃったの。ところが警備員に捕まって、許して貰う代わりに何でも言うこと聞くっていったら、いきなり強制フ○ラで喉の奥まで臭いモノを突き込まれ、顔射!!あげくにキレイに舐めさせられたあげくもう1度勃つまで口を犯されてしまった。警備員は、ろくに濡れてもいない私のアソコに、怒張したモノをムリヤリ入れて。ズリュッ「入ったぜェ、ズッポリだあ!!」「痛ううっ、ひいっ」痛くて辛くて。そして中出しされてしまった。ところがそれで終わらず、ローター付きの下着を履いて買い物をしてこいですって!?男がスイッチを!?

M女の日記

M女の日記

出張絶頂派遣奴隷!!淫らな肉汁たっぷり染みた秘唇人形夜話!!被虐の道で自ら変態罠によろめく、ヒロインのマゾ窓花盛り色ザンゲ!?

変態ろくろ蜜壺なぶり

変態ろくろ蜜壺なぶり

大股開きで木に縛り付けられ、バ○ブでアソコを掻き回される美貌の女性編集者。「なんて格好だ。バ○ブでマ○コ、ヒクヒクだぜ」「ひいい。いやああ」「辛いか?だがアンタはもう俺から逃げられんさ。たっぷり可愛がってやるよ。俺好みのマゾメスに仕込んでやる」「や…あううっ」どうしてこんなことになってしまったのだろう。一番人気の陶芸家、坂井火翠の単独取材を担当することになった私は、取材許可の代わりに編集長に火翠に売られたのだった。「マタおっぴろげろよ。俺を取材したいんだろ」「やめて、やめて放してッ」「そォら、ご開帳だ」「いやァアアッ」脚を無理矢理広げられ、アソコを剥き出しにされる。「思った通りだ。いい色だよ、あんたのここ」弄られて…!?

エロ師・慶次郎!!絶頂処女!?

エロ師・慶次郎!!絶頂処女!?

私、初めてだったんです。バ○ブも、もちろん男も…。なのにどうしよう。私の中でソレがくねるとジュルジュルイヤらしい汁がタレてきて!?

エロ師・慶次郎!!女教師炎上!?

エロ師・慶次郎!!女教師炎上!?

私は私立男子校国語教師、四角潔子。清く正しくマジメに生きるのがモットーの、やや年増独身女。でも近頃私、ヘンなの。生徒の「僕です」が勃起!?に聞こえたり、「お前だよ」がおマン○に聞こえたり。何を聞いてもHな言葉に聞こえるんです。それでレディース・コミック作家の友人がいるんで相談したら。「そりゃ典型的な性妄想よォ。アハハハ」「笑わないでいい方法考えてよ」「それならズバリ、男とスルことね。やってやって思いっきりやりまくるッ」「なコト言っても」「安心しなさい。いい男がいるのよ。後腐れなくその人に望みの性体験をさせてくれる男。AV監督、巽慶次郎っつのが」これが私の平凡で真面目な日常からは想像もつかなかった性の冒険の始まりでした。

アネ恋♀宣言 Vol.48

アネ恋♀宣言 Vol.48

この身が朽ちるまで、あなたの前では女でありたい。女が男のモノをくわえチュバチュバと吸うと男が声を上げビンと勃った。「ふふ、たまってたのね。もの凄く元気。そのまま成実ピンクのをいつもたっぷり味わったでしょ?」女は男の顔に跨がるとアソコを舐めさせた。「ああっいいわ」成実ったら、いつもこんなにされてるのね。そのまま男に跨がり、ズブッと腰を…。【卑猥なボディーライン、幼なじみが夫と!?】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

アネ恋♀宣言 Vol.47

アネ恋♀宣言 Vol.47

「いいよ、真由美。ギュウギュウ締め付けてくる」「ああっ」若く逞しい男のピストンに、女は達してしまう。女の中に入れたまま、男が言う。「さっさと亭主と別れちまえよ。もうこっちのほうはさっぱりなんだろ」「そう簡単にはいかないわ。この指輪には、それなりの価値があるのよ」【不倫妻!?砂浜で男をくわえ込む!!】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!